ビニール傘貸し出しサービス

世の中に販促品や、サービス品は数多く存在しますが、
梅雨の季節や雨が降った時のサービスといえば、傘の貸し出しサービスがあります。
販促品やサービス品は、場合によっては、いらないものであったり、
人によっては迷惑を感じるものである可能性がありますが、
雨が降った際に、傘の貸し出しサービスは、
ほとんどの人が喜んでくれるサービスと言えるでしょう。

そのため、店舗や企業にとっても、相手に与える印象が良く、
ブランディングにもつながる傘のサービスについて紹介します。

傘の貸し出しサービスとは

傘の貸出サービスについて

(出典:QSモール)

テクノロジーが進化しても、気象予報の精度はなかなか向上していかないのは、
それだけ雨は様々な要素が重なって突然起こる現象からかも知れません。
だからこそ、予想しなかった突然の雨には、人々は困惑するし、
そんな状況で傘を貸してくれる状況になったときは、大きな感謝の念を抱きます。
現在では、ショッピングモール等の大型施設だけでなく、
美容院や飲食店、商店街でも貸し出し傘のサービスを行っているところは増えています。

傘の貸し出しサービスの反応

“ビニール傘貸してくれた\( ´˘`)傘まじ助かったー。”
“居酒屋のおばちゃんがビニール傘貸してくれた。ありがてえ……”
“私も突然の雨に降られて、古びたケータイ屋の前で雨宿りをしていたとき店長が出てきた。注意を受けると思ったら、落とし物のビニール傘で良ければ…と貸してくれた。後日、お礼のお菓子も持参した。次のケータイはその店で購入したことは言うまでもない。サービスってそういうもの。”
“今日、雨傘持ってなくてバス降りるときに雨強くなってきてて、終点間際で私が降車最後だったからか、運転手さんが「傘持ってますか?」って聞いてくれてビニール傘貸してくれた。今度返しますねって言ったら、「大丈夫ですよ」って。世の中親切な人もいるんだな”
近くのお店の方がビニール傘貸してくれた…神か…“
“雨がヤバいほど降ってて途方に暮れてたら、居酒屋の人が出てきて「これ良かったら使ってください」ってビニール傘貸してくれた・゚・(。>д<。)・゚・”
“カフェの人がビニール傘貸してくれたよ!!人の優しさに触れられる瞬間って愛しいね”
(出典:Twitter)

傘の貸し出しサービスを始めるために

雨が降った際のサービスとして向いている企業や店舗は
・リピート客の獲得が重要と考えている
・ブランディングが重要と考えている
・とにかくお客さんに喜んでもらいたいと考えている
そんな企業や店舗に傘の貸し出しサービスは相性がよいと言えます。

また、サービス品として配るため、できるだけコストを押さえたものが理想です。

ビニール傘

(出典:https://www.oroshistadium.com/shopdetail/002002000006/
ビニール傘のサイズは、50cmから5cm刻みで、70cmまでありますが、
サービス品として配るのであれば、少し小さめですが、
50cmビニール傘がもっとも価格も安くおすすめです。

実際にビニール傘の貸し出しサービスを受けたお客様は、
Twitter等の反応を見てみてもわかるように、
予想以上に喜んでいただけるはずです。
長期的にお客様との関係を築くためには
目先のコストではなく、投資が必要になります。
まずは、小ロット(少ない本数)で、コストを抑えた状態で、
雨の日のサービスとして、提供してみるのはいかがでしょうか。

Follow me!